guitar

音楽

初めて購入するギターの選び方 初心者が最初に購入するギターは何か良い!?

「ギターを始めたいけど、どんなギターを買えばいいかわからない」
という方に向けて、ギターの種類と選び方を解説します。

できるだけシンプルに解説するので、この記事をステップに必要であれば他の情報も探してみてください。

目次

結論:ギターの選び方

結論からいきます。

バンドやりたい、アンプで音を出したい

バンドやりたい、アンプで音を出したいという方は、

エレキギターを買いましょう

エレキギターの種類は好きなアーティストが使っているモデルにしよう

とりあえずギターを始めてみたい

アンプで音を出したいわけではない、とりあえずギターを始めてみたいという方は、

アコースティックギターを買いましょう

Amazonで買える1万円代前半のアコギで十分

ギターの種類

ギターの種類は大きくわけて、2つあります。
エレキギター(エレキ)アコースティックギター(アコギ)です。

エレキとアコギの違いは、

  1. 見た目
  2. 音の出し方

です。

➀見た目

エレキ

エレキギター

画像引用:

young soo Park

アコギ

アコースティックギター

画像引用:

PublicDomainPictures

②音の出し方

エレキ

アンプで音を出すことを前提としたギターです。
生音は小さいです。

アコギ

弦の振動をギター本体の空洞で共振、増幅させて音をだします。

ギターの選び方

それでは、先に書いたギターの選び方を詳しく解説していきます。

エレキを買うべき人

バンドやりたい人、アンプで音を出したいひと

まず、バンドをやりたい、アンプで音を出したいという場合はエレキギターを買う必要があります。

小さいもので良いので、 できればアンプも買いましょう。
エレキギターは、アンプを通して音をださないと、生音ではそのギターの音の特徴はわからないです。

アンプ

エレキギターを買ったら、アンプを買う、もしくはスタジオに行って、アンプを通して音を出してみましょう。

ボリューム、ひずみ、ハイ、ミドル、ローなどのつまみを大きく回して、音を出します。

それで、ぶっ飛ぶことができます。

もし、コードを覚えているなら、EからAのコードを鳴らしてみましょう。

さらに、ぶっ飛びます。

もし、バンド仲間がいるなら、EかAのコードに合わせ、演奏してみましょう。

もう、最高にぶっとびます。

ここからは上級編!?ですが、スリーコードと呼ばれるコードを覚えましょう。

キーEなら、E、A、Bです。
キーAなら、A、D、Eです。
キーGなら、G、C、Dです。

全部簡単なコードです。

バンド仲間とキーを決めて、このスリーコードを適当に演奏します。
誰かが、メロディーをつけたりします。

これで、あなたも立派なロックンロールバンドのギタリストです。

エレキギターの選び方

エレキギターは、好きなアーティストが使っているモデルを買うことをオススメします。
同じような音がでて、それが練習のモチベーションになります。

もし、そのギターが高いという場合は、廉価版を探しましょう。

大体、有名なモデルには廉価版、低価格版があります。

シングルコイルとハムバッカーの違いを確認する

エレキギターを選ぶとき、 シングルコイルとハムバッカーの違いは確認しましょう。

フィードバックとかにあこがれるなら、シングルコイルです。

ぶっとい音が出したいならハムバッカーです。

全然、違う音がでます。

家で大きな音が出せない

家で大きな音が出せない方には、エレキギターをオススメします。
エレキギターは生音が小さいので、大きな騒音にはなりません。

アンプや、オーディオインターフェイスなどを通した音をイヤホンで聞いて練習することができます。

アコギを買うべき人

バンドを組んで演奏したいアンプで出した音がよいという方以外、
また、とりあえずギターを始めてみたいにはアコースティックギターをオススメします。

なぜかって、

ギターのボディーで音が鳴って、それがとても気持ちいいからです。

アコギで音を出すと癒されます。

これは、エレキでなかなか感じることができないことです。

エレキを持っている人も、このためにアコギを買ったりします。

楽器を始めたばかりのころは、なかなか上達しなかったりでもどかしいと思います。

でも、音を出すことが楽しくて、それが続けるモチベーションになります。

アコギの選び方

Amazonで日本が誇る世界のブランドYAMAHAのギターが1万円代前半で買えます。
十分です。
最高です。

もし、金銭的に余裕があれば、もちろん好きなモデルを買いましょう。

クラシックギター

アコースティックギターはさらに、狭い意味での「アコースティックギター」「クラシックギター」に分かれます。

狭義の「アコースティックギター」はスチール弦でピックで弾いて演奏します。

「クラシックギター」は、ナイロン弦を指で弾くのか前提です。

ナイロンの弦の方が、優しい音がします。

ボサノバ、フラメンコなどは、クラシックギターで演奏されます。

フレット幅が広かったりします。

個人的には、クラシックギターが好きですが、初めてのギターとして、フレットが狭くてコードが押さえやすい通常のアコギの方がよいかと思います。

さいごに

今回は最初に買うギターの選び方を解説しました。
できるだけシンプルにわかりやすく、選び方の基準を説明しました。

この記事をステップに、必要であれば他の情報も探してみてください。