高城剛のが常備する装備!?サバイバルバッグの中身とは??

ツール

高城剛が常備する装備!?サバイバルバッグの中身とは??

世界をスキャナーのように飛び回って、仕事をしている高城剛さん。

型破りな高城さんは以前、 付録付きのメルマガを発行しました。

メルマガという複製可能な電子媒体の販売に関わらず、アナログな実際のモノをプレゼントするというおもしろい試み。

僕が付録付きメルマガの配信

付録の内容は「サイバイバルバック」

「時代を生き残るために必要最低限なモノを入れるサバイバルバッグ」というコンセプトです。

高城さんは2019年の年末~年始にかけてニュースレターを発行し、 高城さん自身の「サイバイバルバック」の中身を公開しました。

世界中を旅する高城さんが常備する装備品、いったいどんなアイテムなのでしょうか??

目次


高城剛のが常備する装備!?サバイバルバッグの中身とは??

画像引用:NEXTRAVELER NEWS LETTER Vol.003

スマートフォン Xiaomi Mi Note 10

スマートフォン Xiaomi Mi Note 10

スペック

  • 価格:ノーマル版;5万8080円
  • カメラ画素数:リアカメラ;1億800万画素
  • 発売日:2019年冬モデル
  • CPU:Snapdragon 730G
  • OS:MIUI 11
  • メモリ:6GB
  • ストレージ:128GB
  • バッテリー:5260 mAh
  • スクリーンサイズ:6.47 インチ
  • サイズ:74.2×157.8×9.67 mm
  • 重さ:208 g

Amazon

日本にいるとわかりませんが、海外ではiPhoneでは動かないSIMもあるようです。

海外用にはアンドロイドPhoneの方が、有利な場合もあるのかもしれません。

もしくは、高城さんのようにバックアップを兼ねて2台持ちにするか。

先進国以外で使われているのはほとんどアンドロイドPhoneですしね。

さて、ひとつめは「スマートフォン」ですが、実はこれ、バックアップ用の2台目なんです。
情報社会の要「スマートフォン」は、災害時には各人の生死に直結する可能性があります。
そこで、選んだ2台めは、シャオミの「Mi Note 10」です。
僕がiOSとAndroidを併用する理由は、携わっている仕事上、あらゆる端末で確認しなければならない以外に、アフリカや中南米に出向くと、現地SIMをiPhoneだと受け付けないことが頻繁にあるからなんです。

NEXTRAVELER NEWS LETTER Vol.002

つい先日まで訪れていたキューバでも、現地キャリア(Cubacel/ETECSA)のSIMは、基本的にAndroid上だけで動くように設計されていました。
また、この時代、ひとつのシステムに囚われるリスクも高く、
なにより、iPhone4sぐらいから革新的なイノベーションが起きていないので、アップル製品は年々面白みに欠けますよね。
一方、Android、特に各社のリフォーム(折りたたみ等)ファブレットやスマートフォンは、未来を感じます。
そこで、シャオミの1億画素カメラ付きのスマートフォン「Mi Note 10」を導入。
できれば、二台めのAndroidで現地SIMをお使いの際には、別人格を構築してみてください。
航空券等が、安く購入できるのは、内緒です!

NEXTRAVELER NEWS LETTER Vol.002

ソーラーチャージャー YOLK Solar Paper

ソーラーチャージャー YOLK Solar Paper

Amazon

Amazonで4枚組は3万円弱の値段
各パネルの重さは65~75グラム

高城さんは電気がないところでも、ソーラーパネルで発電して玄米をたくらしいです。

続いては、「薄型のソーラーチャージャー」です。
ここ数年愛用しているのは、「YOLK Solar Paper」。
セル変換効率23%、モジュール変換効率20%と、ソーラーペーパーはワット数対比で世界最小のソーラー充電器です。
驚くほど薄いのと、発電量のバランスが魅力で、もともと二枚持ちしてましたが、最近は気候変動などリスクが高まったことから4枚に増量し、「サバイバルポケット」の外につけて折り畳んで持ち歩いています。

NEXTRAVELER NEWS LETTER Vol.002

モバイルバッテリー

モバイルバッテリー

電気カイロ付きというのがおもしろいです。

睡眠には丹田を温めると良いんですね。

高城さんからの健康情報は貴重です。

ただし、いつも晴れているとは限りません。
そこで、ソーラーパネルから生み出されたエネルギーを貯めるバッテリーが必要なわけですが、最近愛用しているのが、電気カイロ付きモバイルバッテリー。
適宜買い直すノーブランド品ですが、これが、極寒の早朝ロケなどにも役立ちます。
実は、カイロを手に持つ以外に、丹田を温めると全身が温まりますので、
恥ずかしがらずに、下っ腹に巻きつけてみてください。
睡眠を深める際にも、効果的です。

NEXTRAVELER NEWS LETTER Vol.002

サバイバルシート HIGHMOUNT

値段はAmazonで500円ほど。

災害用。
レジャー用。
旅行用などの用途が考えられます。
冬に車の中で使ったりしている人もいます。

災害時やなじみのない環境に身を置いたとき、体を冷やさないことは大切ですね。

サバイバルシート HIGHMOUNT

画像引用:YouTube

Amazon

後編のトップは、長年の愛用品「サバイバルシート」。
いわゆる緊急用の毛布で、やむ得ない空港宿泊時などに役立つほか、
冬のハワイは意外と寒く、隙間風が吹くノースショアの小さな宿でも大活躍しました。
また、裏技ですが、この「サバイバルシート」は、撮影時のレフ板にも使えるんです!
正面から返すというより、バックライトで使うと効果的です。

NEXTRAVELER NEWS LETTER Vol.003

浄水器 SAWYER PRODUCTS & 折りたたみタイプの紙コップ

SAWYER PRODUCTS

画像引用:Amazon

Amazon

手のひらサイズの高性能浄水フィルターです。
フィルター交換せずに約38万リットル使用可能とのこと。

また、「小型浄水器」も長年の愛用品です。
様々な商品を試しましたが、「SAWYER」に戻りました。
市販のペットボトルにセットして使用できます。
これのおかげで、アマゾンの奥地でもインドでも、お腹を壊したことはありません。
あわせて「折りたたみタイプの紙コップ」も常備してます。

NEXTRAVELER NEWS LETTER Vol.003

チョコレート green bean to bar CHOCOLATE

高城さんは非常食といてチョコレートをサバイバルバッグに入れているそう。

Bean to Barのチョコレートを作る「green bean to bar CHOCOLATE」の製品です。

そして、どうせ非常食を持つなら美味しい「チョコレート」。
近著『green bean to bar CHOCOLATE 世界で一番おいしいチョコレートの作り方』でもおなじみ、古い友人が中目黒で営む「green bean to bar CHOCOLATE」の季節のバーを数ヶ月ごとに買い直して入れています。

NEXTRAVELER NEWS LETTER Vol.003

高城さんは「green bean to bar CHOCOLATE」のオーナーと廻ったカカオを探す旅のルポタージュを出版しています。

写真がとてもきれいなフォトブックです。

Bean to Barとは何かについても理解が深まる本です。

この本に書かれているアマゾンへの旅路でも、今回挙げているサバイバルキットが役に立ったんだと想像します。

green bean to bar CHOCOLATE 世界で一番おいしいチョコレートの作り方

高城 剛

green bean to bar CHOCOLATE 世界で一番おいしいチョコレートの作り方

その他

その他、「モンベルのマイクロファイバータオル」や「LED」、「マスク」、「ホイッスル」、(コンビニでもらった)「スプーン」、「小型ハサミ」などご存知のサバイバルキット以外に、サプリメントや薬も同梱。
週一回貼ればいいパッチタイプの「ビタミンB12」やアスリートの愛用者も多い水に溶かすマルチビタミン「エンデュラ」、これさえあれば、食中毒時にも対応できる真菌性抗生剤「リフキシマ」などを常備しています。

NEXTRAVELER NEWS LETTER Vol.003

関連

関連